Now is better than never

無糖の日々

大事なことは、君が、「知りたい」という気持ちを強く持っていること、ただそれだけということです。

読書(20170719)

ハサミ男」 著 殊能将之  講談社文庫

 

 本書はトリックを含んだP500ほどのミステリ小説である。他のレビューを見たうえで感じたのは、文章のどの部分でトリックに引っかかるかというのも人それぞれ異なるということだ。その境目に気を付けて読んでみるのも面白いと思う。(私は最初と途中で二度引っ掛かった)。 付け加えておくと、皮肉な表現が多用されているため、好き嫌いがはっきりとあらわれる小説とも言える。が、某SMシリーズの犀川氏の意味なしジョークが下らないと、笑えるのであれば大丈夫だと思う。

研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。三番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て 殺された死体を発見する羽目に陥る。自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。「ハサミ男」が調査をはじめる。

個人的に

1. 似たような作品には、中山七里による「カエル男」もある。←※題名だけでなく中身もミステリ小説だが、作品内のジョークは正直微妙

 

2.PS4のゲーム「UNTIL DAWN -惨劇の山荘」にも似たような面談がある

 

3.文章が理路整然としていて読みやすい。あと残酷的過激な描写はそれほど多くはない

 

殊能氏の他の作品には「石動戯作シリーズ」がある。全巻通して、ハサミ男のトリックが強すぎて、こちらのトリックが弱く感じられるといった賛否両論はあるものの、個人的には面白い。(特に水城さんのキャラは好きだ)

 

ハサミ男 (講談社文庫)

 「<おふらんど>ってどういう意味なんですか。辺鄙な土地、かな」

「なるほど、<オフ・ランド>ですか。そういう解釈は初めて聞いたな。じつはフランス語なんですよ。<捧げ物>という意味です」

わたしにとって店主から得た情報は、欲しくもない捧げ物だった。

読書

「七つの怖い扉」再読。 新潮文庫 著者多数

 

この本を最後に読んだのが八年前にあたるので、まあまあ久しぶりである。題名通り、怪異譚の語り部が腕によりをかけて作られた短編集の数々である。夜中に読むと、寝られないような怖さはないと思うが、それもまた興があるという感じでお読みください。

 

個人的に

気になった作品は「安義橋の鬼、人を喰らふ語」 著 夢枕 獏  である。

江戸時代に、やんちゃで意地っ張りな若者が、宴会で安義橋に鬼が出て、しかも人を食うという噂を聞き、実際に橋に行って確かめに行く話だ。

 

安義橋(あぎばし)というのは、滋賀県近江八幡市に実際にある橋で、平安時代には鬼が出ると噂されていた橋だそうだ。そして本作品は、今昔物語にある「近江国安義橋鬼人噉(喰)語」のリメイクした作品だ。

 

江戸時代でも噂話は好きな人が多かったのだろうか…

 

引用 公益財団法人 滋賀県文化財保護協会

http://www.shiga-bunkazai.jp/%E6%96%B0%E8%BF%91%E6%B1%9F%E5%90%8D%E6%89%80%E5%9C%96%E4%BC%9A%E3%80%80%E7%AC%AC11%E5%9B%9E/

f:id:Detsch:20170630173614p:plain

 

七つの怖い扉 (新潮文庫)

 

雑記

ある文章を読んでいて、行動経済学に関する内容だった。たぶん、「競争と公平感」というタイトルらしい。後悔と年金制度の関係について述べられてあって面白い。次は本で読みたい。

競争と公平感―市場経済の本当のメリット (中公新書)

 

雑記

介護保険制度には、介護度によって支給される額が決まっているのに、生活保護はそういう指標がない理由はなぜだろう。

統合失調症鬱病は働けない理由があるから分かる。しかし働けるのに、支給されている人がいるというのは問題である。では、支給の方法を変えることで、本来支給されるべき人に分配できるような制度に合致する方法はあるかと考えるとそれは難しい。以前、支給の方法をお金ではなく、生活保護者の地域の生産物によって賄うという方法も考えられたが、モノだと大きさや栄養といった不確定要素があり、受給者にとって平等ではない。今後、年金制度の引き上げにより、老後に豊富な貯蓄がない人にとって、生涯働かなければならない環境というのはすぐそこまで近づいている。受給資格が早い段階で見直されなければ、国の財政制度や第一産業にも影響がある。

 

私はやっぱり、モノで需給するべきだと考える。但し、どういった受給資格にするべきかについては考え中である。

 

雑記

 亀岡暴走事故からはや五年が経つ、今日この頃である。先日読んだ新聞の中に「遺族の叫びは亡き者の叫び」という記事を見つけた。遺族の方が次のように述べた。

 

「遺族には新しい人生なんてない。地獄が続く。遺族の叫びを亡き者の叫びと感じてほしい」<朝日新聞 6/23 原文引用>

亀岡暴走事故は、無免許運転の軽自動車が集団登校の列に突っ込み、10人が死傷し、当時大きなニュースになっていた。そして、この事件をきっかけに悪質運転による罰則はより厳しくなった。しかし、被害者の方は改正した法においても依然として、加害者の抜け道が存在するという。現在、被害者の方が会を立ち上げ、事故防止の啓発や悪質運動の厳罰化に向けた講演を行っている。

 

危険運転における法律は下記のURLをご参考にしていただきたい。

www.hajimete-carhoken.com

個人的に

嫌な思い出を忘れるには考えないことが一番だと思うが、会を立ち上げて訴え続けるということはその逆の行為である。その辛さは当事者になってみないと本当のところは分からないかもしれない。また、何かを乗り越える時は、そこにある問題を認知せずしてできないことだと私は考える。

亡き者が被害者に悲しんでいてもらいたいのかというと、それは違う(不快に思われたら、申し訳ない)。家族が亡くなり、悲しみ、怒りのそぶりを見せなかったら今度は世の中から薄情に思われてしまう。あらゆる問題はすべて対人関係の問題であるというのが私の持論だ。しかしこれは本当に誰の意志による問題なのか?と思った。

 

 

読書

「がんばると迷惑な人」 著 太田肇 新潮新書 を読みました。

 大筋

重要なのは「がんばり」ではなく仕事の「質」。確実に成果を上げる「合理的手抜き」とは -。

 

意欲はあるのに、スべる。やる気ばかりで、ツカえない。そんな人っていませんか?

うっ、身に覚えが…。がんばらなくても給料が入ればいいけど、がんばらなかったら他の人との結果の差がつくじゃないですか… そしたら給料下げられるじゃないですか。まったくどうしようもないんじゃ(明後日の方向)

 

本書は「がんばり」について、

①通用しなくなった背景

②迷惑になる理由

③がんばらなくても成果を出す方法   これらが主軸になっている。

 

内容から今すぐに活かせるものかというとそうでもない。例えば、管理職の立場の方が部下の裁量権を担っている場合では、部下側から上司に対し職場

 

 

改善できることが書かれていないのがネックだ。

個人的に

一つ気になったのは、評価に情が入りやすいのが日本人というデータ。著者は「問題解決型リーダーシップ」 著 佐久間賢 から引用したみたいだが、どういう背景からこのようなデータが出てきたか、アンケートの手法も疑問だ。

 

がんばると迷惑な人 (新潮新書)

雑記

池田氏の本を読んで、疑問に思った。

「金が欲しい」ということと「人を殺す」ということは互いに無関係の事象である。

よって

「金が欲しい。だから私は働いた」も同様に短絡的かつ、互いに無関係の事象である。

それに加えて池田氏の考えには、文章を書くこととお金を得る手段は天秤にかけられないというものがある。最後に、この文章は自分の承認欲求を満たすためではないという。では、池田氏にとって文章を書くということは、NHKでサッカーを見るように、本人の好みの問題に還元できるのではないかと思った。

 

もう少し考えてみる

 

考える日々〈2〉

<