無糖の日々

大事なことは、君が、「知りたい」という気持ちを強く持っていること、ただそれだけということです。

日本の年金 岩波新書 著 駒村康平

少子高齢化が進んでいる日本で年金制度はどのようになっていくのだろうか。国民・基礎年金、厚生年金の現状、近年の年金見直しを解説し、直面せざるを得ない喫緊の課題を明らかにする。

 1942年に労働者年金保険(のちの厚生年金)が出来て、70年以上経つ。その間に年金改革は幾度と変化しつつあったが、本日制度そのものにどんな問題があるのか。これまでの背景と共に、解決策を模索する。

日本の年金 (岩波新書)

日本の年金 (岩波新書)

 

 Point

・属人給と職務給

非正規雇用の問題

・世帯規模縮小化に伴う年金制度改革

・自営業への援助

・徴収体制の効率化

・賦課方式 VS 積み立て方式

個人的に

 日本型の雇用システムの問題は、少子化問題にまで影響を与えている。このシステムは、90年代まではOKだったものの、今の生活様式(非正規雇用の増加に伴い、専業主婦の減少などを含む)にマッチしていない。メリットは、①長期雇用、②正社員前提の仕組み、③性別役割分業だった。時代の流れと共に、デメリットへと移りつつある。

 気になったのは、年金財政が未来の予測人口や想定される経済状況を数的予測を用いて計算されるのに対し、医療制度は「近い未来」か「今」機能することを目的としており、後者は超長期的な視点を置かないという点。

 高齢者が働くことについては述べられていなかったが、そこの所を含めた今後が知りたかった。でも読んでて、以前問題になっていた「認定こども園」の必要性を再確認できたので良かった。

 

<日本の税、社会保険料、労働保険料の徴収体制は分散している。>

 

 

徒然雑記

 ようやくはてなブログも一年が続き、三日坊主の汚名も返上できそうです。その一年の中でhtml,css,javascript,Jquery,PHP,python等色々携わることができました。最初は三種類合冊になった辞典(html,css,javascript)の本を使って、メモ帳使いながら試していったのですが、なかなかこれがうまくいかない。F5キー押して一喜一憂の日々。しかし、そうやって試行錯誤している内にやはり”慣れ”が出てきます。それが分かりはじめて、記事を書くこともそうですが、構成コードを考えるのが面白くなりつつあります。歳をとり、時間が過ぎるのが早くなってきたので、日々を大切にしたいとぼんやり思います。

職業としての学問 著 Max Weber 岩波文庫

 学問って何だろうという疑問をもった方は多いだろう。そんな疑問に答えてくれるのが昨年で96刷目となる本書だ。

第一次世界大戦後の混迷のドイツ。青年たちの事実のかわりに体験を、教師のかわりに指導者を欲した。学問と政策の峻別を説くこの名高い講演で、ウェーバーはこうした風潮を鍛えらるべき弱さだと批判し、「日々の仕事に帰れ」と彼らを叱咤する。それは聴衆に「脅かすような」印象を与えたという。

 

職業としての学問 (岩波文庫)

職業としての学問 (岩波文庫)

 

 Point

・生計の資を得る手段としての学問

・聴講者の数 VS 学者の性質

・教育上、未訓練の人々に対して求められるもの

・専門家同士の協力の結果

・学問の与えるところ

個人的に

 本書は、「職業としての学問の外面からの状況」、「学問の心構え」などを含み、構成されている。本題通りに沿ったテーマとして、教授は才能ではなく僥倖が大きな役割を担っているということ。これは、著者が教授に至るまでに自己の経験から述べられている。この僥倖には、集団意志による人選の欠陥だけが理由ではないという。ではその理由はという点。そして、他にも学問の二重性や聴講者の数と学者の性質など、大学に行った人、現在通っている人は過去を思い出したり、その視野で見てみると考え方を広める事が出来ると思う。

 

<もし教壇に立つ人のすべてが学生たちの無理な期待にこたえて指導者としての性質をはたらかそうなどと考えたならば、それはきわめて憂慮すべきことである。>

一下級将校の見た帝国陸軍 文春文庫 著:山本七平

現地を知らない帝国陸軍

帝国陸軍」とは一体何だったのか。この、すべてが規則ずくめで超保守的な一大機構を、ルソン島で砲兵隊本部の少尉として酷烈な体験をした著者が、戦争最末期の戦闘、敗走、そして、捕虜生活を語り、徹底的に分析し、追及する。現代の日本組織の歪み、日本人の特異な思考法を透視する山本流日本論の端緒を成す本である。

 

一下級将校の見た帝国陸軍 (文春文庫)

一下級将校の見た帝国陸軍 (文春文庫)

 

 

個人的に

 ここに記載されている日本組織の歪みは、現代の日本組織にも当てはまる。著者はその歪みの原因を日本特有の文化が問題であると結論付けている。

 効率を求めた制度が人間的な配慮に欠けているという問題。これはロバート・K・マートンの著作「社会理念と社会構造」においても指摘されている。規則を遵守するという姿勢が死守への転化、規則の位置づけが、手段から目的へと意図を変えてしまっているという点など問題は多い。戦後日本の組織体質はどのように変わったか、今の日本を見てどう思うか、考えるきっかけになると思う。

 

<彼は、神と一つの契約を結び、「自分が苦しんだだけ、それだけ母が安らかに死ぬよう、自分の死が早かっただけ、母が末長く生きられるよう」と考えて、その苦痛から脱却するのである。>