無糖の日々

大事なことは、君が、「知りたい」という気持ちを強く持っていること、ただそれだけということです。

風景 ver.3

f:id:Detsch:20170911184746j:plain

人もをし人も恨めしあぢきなく世を思ふゆゑに物思ふ身は
後鳥羽院

2005年のロケットボーイズ 著:五十嵐貴久 双葉文庫

目次

梶谷信介は都内の工業高校に通う17歳。ちょっとしたことから人工衛星を作ることになった。といってもそんなの絶対ムリ!なので仲間を集めたが、その仲間が揃いも揃って変わり者ばかりときた…落ちこぼれ高校生たちが繰り広げる、たっぷり笑えてちょっぴり泣ける青春小説。

※先に注意書きしておくと、これはキューブサットにまつわる話である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/CubeSat  

著者の有名作品では、ドラマ化した「パパと娘の七日間」がある。それの続編には「パパママ娘の10日間」がある。後者に至っては、娘がパパ役を平然とこなしているあたり読んでいて、この会社大丈夫だろうか正直不安だ…

 

 

2005年のロケットボーイズ (双葉文庫)

2005年のロケットボーイズ (双葉文庫)

 

 

個人的に

万城目さんや森見さんの小説は奇想天外な面白さがあるけど、五十嵐さんの小説も面白い(特にキャラクターが欲に溺れている所)。主人公がいざやるときの行動力、大先生の周りから能力を褒められたら無下に断らないところとか一人一人個性的で一つの目標にを達成しようと奮闘する。

 

経営の基にある道徳

Man sieht nur mit dem Herzen gut. Das Wesentliche ist für die Augen unsichtbar                    

訳:人は心でのみ物を良く見ることができる、本質は目では見えないのだ。 

                            引用 サン=テグジュペリ

※単語

nur : のみ

Herzen :心の複数形

Augen : 目

Unsichtbar : 見えない

( ^^) _~~

どうやって他の会社との差別化を図るかという議論は以前からも行われていることだが、例えば品物を安くすればするだけ利益は少なくなる。だから、代替品を使って利益を補ったり、量で売って勝負するわけだけど、いづれにしても限度がある。

 ある会社のディーラーは11年度連続で顧客満足度がダントツで日本一だそうだ。そこでは人の教育だけでなく、それ以前である人の採用の段階で一人あたり200時間の面接を行っている。その人が会社の価値観にマッチできるかを見極めるためだ。社員が満足できる環境づくりを基礎として、お客様に最高のもてなしで迎えていけるということだ。お客だけが幸せになるというわけでなく、会社・社員、そして社会も幸せになるということなのだろう。

 

「質よりも安い価格を」という昨今において、お客が求めているものが常に安いものばかりなのだろうか。この場合は車の売買だったため、同じ車でも安さより信用や安心感を優先したのかもしれない。あなたはどう考えるだろうか。

 

 

欲するが故になりきれない存在

何のために学ぶのか?

AWeißt du denn , wofür man lernt ?

(何のために人は学ぶのか分かっていますか?)

BMan lernt nicht für die schule und nicht für die Eltern , sondern für sich selbst ,

für das eigene Leben .

(学校、両親でもなく、自分自身のため、自分の人生のために学ぶのです。)

※単語

Weißt:知っている

lernen:~を学ぶ

sich selbst :自分自身

eigen :自分の

 

 学校や両親のためでない、とありますがそうでなくても良いと思う。学ぶことによって、分からなかったことが分かるようになることは分からない状態をそのままにしておく人に比べて知恵を重ねていく姿勢がある。不思議を排除しても、また新たな不思議が現れる。それを知ること、見つけたいと思う心を人間らしさだと饗宴を読みながら感じた。

甘い物は脳に悪い 著:笠井奈津子・幻冬舎新書

  あらすじ

成功している経営者は、気分転換に甘い物を食べたりはしない。仕事の効率が下がることを知っているからだ。一方、仕事ができない人にかぎって、身体によかれと思って市販の野菜ジュースを飲んだり、頻繁にコーヒーを飲んだり、サプリメントを取ったりしてますます太り、仕事も伸び悩む。食事が仕事に与える影響の大きさを知れば、食生活は劇的に変わる!

 あくまでも、そういう傾向が強いという認識で…

 題にある通り、疲れた時に甘い物を欲しがるという話はよく聞く。ここでは甘い物を食べて効率が下がるのはなぜなのか、書かれている。(専門用語が多用されているわけでないので気軽に読むことが出来る。)そしてこの本は、著者が経営者セミナーでの食事記録(7000通りを超える)から、経営者にはどういう食事傾向があるのかを分析しまとめている。その成功者がやっているから私もやる、という意識ではなくその食事方法が「私に合っているのか」が大切であるので、極端なバナナダイエット等(この著ではむしろ逆効果である記す)をするよりも体に負担をかけない方法で試行錯誤していく方が良いのかなと感じる。

 

 

甘い物は脳に悪い (幻冬舎新書)

甘い物は脳に悪い (幻冬舎新書)

 

 

個人的に

「食べた瞬間に元気になる、美味しいと感じる」、そんな経験が最近あっただろうか。著者によれば 

以前 好物:食べて元気になる

今  好物:嗜好が優先している(食べ疲れ等引き起こす場合)

 

 上記のように、好物の定義が時代と共に変わっていることを指摘されている。体が何を欲しているかが味覚に如実に表れたのが以前ということだけれども、面白いと思う。例えば、柑橘類の酸っぱさを美味しく感じたり、うなぎを食べて目の疲れがとれる(これはプラセボ効果気味だが)そういったことだろう。もっと分かりやすい例では、食べ物を食べて、二日酔いを治すことだろう。梅干しを食べるはその改善方法の一つだ。時間が経てば治るからいいや、という認識と軽減させたいという意識、あなたはどちらを選ばないだろうか。

 何かを食べて健康を維持するという意識、これは時代と共に薄れているのだろうか。人生の大半は眠ることだから寝心地の良いベッド・枕を購入するものの、食事には気をつけない場合だと自分のパフォーマンスを存分に発揮できるかは不明である。いかに食事に気を付け、潜在的な力を引き立てるかは、競馬で言うその日の天候、湿度といった分析を含めその勘を磨くことと同じようなものではないかと思う。

 

Point

・カロリーのないモノに金を払う概念

・ボーダレス化による食性の変化

・野菜の役割

→体をつくるタンパク質のサポートを行う。

・二日酔いには?

→①味噌汁、②梅干し、③柑橘類など ※なぜ効果があるかは調べてみて下さい。

( ^^) _旦~~

酒を飲む 

→ 肝臓の代謝が低下する(その時につまみとして食べる食品が影響)

→ 次の日、肝機能が低下状態で食事を摂取する(寝てもすぐに機能は回復しない)

→ 太る

    

 

<何をどう食べるか。それはほんの一瞬の豊かな飽食の時代を生きるに現代人にとっても大切にすべきテーマなのです。>