Now is better than never

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無糖の日々

時間が経てば甘くなる, The just desserts is also desserts.

雑記

雑記 Ⅲ (個人的に) 資格

売買契約の問題で疑問に思ったので、書きます。売買契約において代金支払いが必要な場合とそうでない場合です。

問1

中古物件の売買契約の成立後、売り主Aが買主Bに住宅を引き渡す前に、落雷によりAの帰責事由によらずに住宅が焼失した。このケースでAとBの間に危険負担に関しての特約がなければ、民法上、AはBに対して、住宅の代金の支払いを請求できる

→〇

問2

建物の所有者が当該建物を売却する旨の売買契約を買主との間で締結したが、当該建物は、売買契約の締結前に、第三者の放火により焼失していた。この場合、契約の目的物が存在しないため、売買契約は成立しない。

→〇

 

・売買契約の成立は「売る」「買う」の意思表示が合致することで成立します。(賃貸借契約も同じで、双方の同意によって契約できる諾成契約です)

 ↳+α <双務契約は双方に債権・債務の関係が成り立つ契約の意味です。>

 

危険負担の原則で考えると、物権の移転を目的とした場合において、債務者の責めに帰することのできない事由によって消滅した場合は債権者(買主)側に支払い義務が生じます。

 

結論

締結前、締結後に消滅するかによって買主側に支払い義務が生じるか生じないかが決まるのですね。

ビジ法

資格
 単なる気休めです。

ビジネス実務法務検定まで

あと時間

FP2と並行してビジ法3級目指して勉強中のAkiです。未だに債権管理問題で手こずっていますが、なんとかして一発で受かりたいです。

ディジタル時計 HTML

HTML

時計のソースを書いてきました

ディジタル時計です

f:id:Detsch:20161205170551p:plain

ソースは↓ DOCTYPEです

続きを読む

雑記

雑記 Ⅲ (個人的に)

統計学を勉強していた所、興味深い内容の雑記を見かけた。それは「ダン・アリエリ」という学者が保育園の子供の引き取る親に対して、引き取りが遅ければ罰金を課すという実験を行ったそうだ。この実験の結果は遅れてやってくる親が増加したという。それはなぜかというと、罰金を払うという行為が遅れてやってくることによる罪悪感を軽減するためだという。言われてみればなるほどと思うが、気づきにくいことだと思う。

私はこの雑記を見て大学の奨学金問題について何か近いものを感じた。というのも、奨学金を貰って、遅滞すれば遅滞金が発生するからだ。

    以下文JASSO(http://www.jasso.go.jp/shogakukin/entai/entaikin.html)より

_______________________________________

延滞している割賦金の額に対して、各返還期日から6月を経過した日(以下「延滞金賦課日」という。)ごとに、その6月について延滞金賦課日が平成26年3月27日までに該当するときは5%、平成26年3月28日以降に該当するときは2.5%の割合を乗じて計算した額の合計額が賦課されます。              (日本学生支援機構)

_______________________________________

そもそも、ダンの実験は外国で行った実験なので、この実験(保育園)を日本で行った場合は、また違う結果が出るのではないかと思う。そして奨学金の延滞についても、もっと掘り下げて考えてみると面白いかもしれない。

 

※「予想通りに不合理」より

予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

雑記

雑記 Ⅲ (個人的に)

高校生との政策提言についての話し合いの時に思ったことをまとめます。

今やっているのはアイデア出しの段階ですが、そこから学んだことは私にとって大きいことでした。二つに絞ると ①高校生のやる気について自分たちの介入できる点

です。

※長文につき注意※

続きを読む

資格

資格

FP2の申し込みをしました。二ヵ月の余裕はあるものの果たしてどうなるか。

雑記 言葉に感謝するとは

雑記 Ⅲ (個人的に)

以前、アメリカに留学している人にどうすれば外国語に親しくなれるか?ということを聞いてみた所、その返事は「言葉に感謝する」とのことだった。

感謝するのだからありがたいと思うわけだ。ある時、ある場所、ある場所である人と対話できるのは確かに当たり前ではない。その奇跡性に感謝する意味がある。その意味は自分の中で考えた結果として理解できる。感謝する部分に意味があるのではなく、その過程に意味がある。その一連の流れに対して感謝するということなのだろうか。

<