無糖の日々

大事なことは、君が、「知りたい」という気持ちを強く持っていること、ただそれだけということです。

雑記

対話型のAIがPythonで出来る、というのを知ったのでその最中。しかし面白い。もし自分の考えていることを読み込ませて、AIが話してくれたらいいのに。 はやくAIライフを満喫したい(願望)

ウツボカズラの夢 双葉文庫(20170617)

「ウツボカズラの夢」著 乃南アサ を読みました。 高校を卒業した未芙由は上京し、親戚の鹿島田家で暮らすようになるが、家族がどうも変なのだ.---------「幸せ」を望むのは罪なのか。物語の残るのは「崩壊」か「誕生」か。 この類の読んでいる書物の量が少…

雑記

生命保険は残された家族のためにある。残された家族が不自由な生活を送らないように考えているためである。死んだ時、憂う自分はいない。自分のいなくなった世界において、自分のことを憂うことはできない。死ぬという、いつ起こるか分からないことに対して…

二十歳の原点 (20170613) 

独りであること、未熟であることを認識の基点に、青春を駆け抜けていった一女子大生の愛と死のノート。 背表紙に「青春を駆け抜けていった」とあったので、著者の生きる原動力は何かと気になったのだが、筆者は奥浩平の「青春の墓標」が行動の原点になったと…

詐害行為取消権

「仮託」の意味がいまいちだったので、判例(取消権の例)と共に調べました。 例 Bさんは、Aさんに1000万円の借金をしており、私有財産は家(不動産)のみというケース。この場合、Bさんは不動産を、別の人であるCさんに不動産を渡して無一文になる場合、Aさんは…

雪の断章 創元推理文庫 (20170603)

「雪の断章」 著佐々木丸美 読 あらすじ 迷子になった五歳の孤児・飛鳥は親切な少年に救われる。二年後、引き取られた家での虐めに耐えかね逃げ出した飛鳥に手を伸べ、引き取ったのも、かの青年だった・・・ 読んでいて、詩的な表現が多々あり、表現からいろ…

個人住民税 学生編

「アルバイトで得た収入にかかる税金」 アルバイトで考える必要があるのは、所得税と住民税です。所得税はよく知られていますが、住民税はどうなのでしょうか。 結論 : 所得金額100万円までは個人住民税がかからない<市町村によります。ご確認ください> …

老齢年金の資格期間 短縮  雑記

老齢年金の支給資格期間が短くなりました。そのため、納金期間が15年のみの方も、必要な書類を揃えることで、基礎年金の請求が可能となりました。資格期間が短くなった一方で、10年間基礎年金を払えば、最低限の生活が送れるということとごっちゃになってし…

高齢者の再定義 雑記

ニュースや新聞でも挙げられた通り、高齢者の定義が2017年1/5を機に再定義されました。それによって年金問題にどのような問題が生じるのかをこれから考えていきたい 再定義内容 65歳以上の分類 by 日本老年学会 65~74歳 準高齢者 ←以前までは65から高齢者…

概算取得費 雑記 

土地の所得費用が分からない時 <概算取得費> ※昭和28年以後については任意 →概算取得費は昭和28年以降から引き継いでいる場合は、強制させられません。別の計算方法が提示されています。(それはまた別の機会で) 取得費 : 買い入れたときの購入代金や購入…

ふたつのしるし (20170515)

「ふたつのしるし」 著 宮下奈都 読 駅の本屋で見つけ、背表紙の要約が気になった本書。解説では二人を不器用だと書かれていたものの、私には不器用には思えなかった。クラスの多数に意見を合わせることや集団行動で皆に乱れないように動いていくこと、そこ…

金利変動 雑記

金利の変動の原因 金利 : 賃金、預金に対する利子のこと。 利子 : 借りた際に支払うもの 利息 : 貸した際に受け取るもの 一 景気が良くなる → 生産と消費の増加 → 資金需要が増える → 金利上昇 景気が悪くなる → 金利下落 二 物価が上がる(インフレ化) → …

iDeCo(個人確定拠出年金) 考察

2017年1月から、第一号被保険者だけでなく、第二、三号被保険者と対象の枠が広がったIDeCoについて興味があったので、調べてみました。 IDeCoとは? → 加入者が月々の掛け金を積み立てし、用意された金融商品で、運用する。運用した掛金を60歳以降受け取るこ…

西洋哲学史 近代から現代へ (20170508) 岩波新書

「西洋哲学史 近代から現代へ」著 熊野純彦 を読んだ。 あらすじ はたして「神は死んだ」のか。言葉はどこまで「経験」を語りうるのかーデカルト以降の西洋哲学は、思考の可能性と限界とをみつめながら、自然哲学の発展や世界史的状況と交錯しつつ展開してい…

君の膵臓を食べたい 読書 (20170503)

「君の膵臓を食べたい」 ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった… この本を見かけた時に私が思ったのは、臓器移植でした。途中まで読んでみてそうではないこ…

NLPの教科書

「NLPの教科書」を読みました。 概略 この本はNeuro(神経)、Linguistic(言語)、Programming(プログラミング)の観点から、悩みを解決することを目的としています。が、読んでみると、解決に至る方法は書いておらず、あくまでも基の観点を広げることで、望む結…

雑記

「会話がとぎれない話し方」を読みました。 この本は自分の話し方の、どの部分にどんな問題があるかを分けて説明しています。 Ex1 ①話の聞き方 ②質問の仕方 ③話のネタの作り方 等 のように自分の問題になるところを見極めて、読み進めていくスタイルです。 E…

スタンフォード式最高の睡眠 ソフトカバー(20170407)

「スタンフォード式最高の睡眠」 この本の目的は「睡眠を史上最高のものにすること」です。 なので、紹介されている方法を試しながら、自分にとって良い睡眠方法を見つけるというスタイルです。ただし、テレビで既に紹介されている方法が多いため、見る人か…

特別料理 (20170406)

エリンの特別料理を読みました。(数十ページの話なので読みやすいです) 秘密を知りたいか?と聞かれたらそれを知りたい。でも知ってしまうと元の生活に戻れない、そんな話。 読む前にネットで読んだ人の感想を見ていたのですが、その中で気になるものがあり…

雑記

仕事を楽しそうにしておられる人の意見を聞くとその時はなるほど、そういう視点もあるのかと考えさせられますが、一人になって回想してみるとあれっと思うことがあります。一方で、上記の反対の意見を聞いた時にはそうかぁと思うけれど、回想するとそうかも…

入門 犯罪心理学 読書(20170312)

入門 犯罪心理学 (ちくま新書) を読みました。 本題でも書かれていますが「認知」について知りたかったので… 得たものは二つ。 ① 犯罪解析手法の移行 ② 思考制御のリバウンド効果 ①についてはフロイトの唱えた理論が思弁的で統計データから多くが否定されて…

雑記

27日目 二冊目の「少女地獄」著 夢野久作 が読み終わり区切りがいいのでまとめます。 テーマ: 一ヵ月速読音読を続ける 効果 ・文章を読んだときに単位時間当たりの視読の力(理解力)が高まる。 ・話の話題を広げられる(頭が回る) ※あくまでもプラセボ ・ただ…

雑記

16日目 15分で5日ほど試しましたが、スピード的に遅いのと能率部分を含め 変更前:15分→変更後:30分 で再度やっていきたいと思います。(現時点P88) ようやく白鷹先生の奥さんがした伝言によって虚言癖がはっきりしてきたがなぜそのような嘘をつくに至ったの…

雑記

12日目 昨日から「少女地獄」に移りました。 やり方において、前回(浮雲)と異なる点 ・今回から一日15分を時間を計って行う <前回は一日30分> ・言語体系の違いに伴いスピード 等があるのでなんとも言えないですが30日までには終わる予定です。次回更新は1…

雑記 

11日目 昨日の段階で「浮雲」P219が読み終わりましたので、今度は「少女地獄」著 夢野久作でやっていきたいと思います。 結果 現段階でまでの思惑 ・読むスピードは速くなっている →同時並行して「刑法入門」著 山口厚 を読んで(普通に)いましたが、集中…

雑記

2日目 使われる漢字は大方決まっているので音読は早くなってきました。それにつけ、文字の流れを先読みしつつありその効能もあるのかもしれません。 文三さんが人削減で免職になりそれをどう伝えたらいいか考えあぐねている様子はひどく共感しました(笑) 次…

雑記

一日目 思っていた以上に音読していても頭に内容が入ってきます。ただ読む際に「じゃア」とか「ニ三歩」等の読みづらい点はあります。今の所思うのは音読しながら強制的に頭の中で情景を想像させることが日常会話でも相手の話の核を捉えたり、次にどう話をも…

雑記

最近テーマが思いつかないので、 「1か月間1日30分早読み音読を続けた場合どのような効果が得られるか」をテーマにしてやってみたいと思います。使用題材の一冊目は二葉亭四迷の「浮雲」を使用して行いたいと思います。 予想効果 ①活舌がましになる? ②回転…

雑記 

普段から考えている勉強するとは何だろうかについて話すと、周りの方々には、そんなことを考えている余裕があるなら行動して結果を出すようにと言われます。普通はそう言うでしょう(これは別に普通じゃないから私が凄いみたいな馬鹿馬鹿しいことを思っている…

雑記

考えても考えても分からない。それは考えているのではなくて悩んでいる証拠だ。悩んでいる限り課題は解決できない。だから考えることで前に足を踏み出す。それで分からないが分かるになれば良いが、それほど沼は浅くない。深い沼はなかなか前に進めない。む…