無糖の日々

大事なことは、君が、「知りたい」という気持ちを強く持っていること、ただそれだけということです。

個人住民税 学生編

「アルバイトで得た収入にかかる税金」

アルバイトで考える必要があるのは、所得税住民税です。所得税はよく知られていますが、住民税はどうなのでしょうか。

 

結論 : 所得金額100万円までは個人住民税がかからない<市町村によります。ご確認ください>

 

所得の額によって住民税の支払いの有無が決まります。そのため今回は、均等割ではなく、所得割について見ていきます。

均等割 : 個人住民税のうち、所得の大小にかかわらず、一定額が課税される部分

→均等割も前年所得が一定額以下であれば、非課税になります。

 ※所得割 : 所得に比例して課税される部分

 

結論の内訳

100万円 = 35万円 + 65万円

※総所得金額が35万以下の場合は課税されないルールがある

※65万円 : 給与所得控除

 

所得割の計算式

住民税(所得割) = (所得金額 - 所得控除額)×10%

※所得割 : 個人住民税額のうち、所得に比例する部分

 

例 105万円の人の場合(大阪府住まい)

住民税(所得割) = (105万円 - 33万円 - 65万円)×10% = 7000円 です。

均等割は1500円(道府県民税)なので、住民税額は8500円となります。

※33万円 : 基礎控除

※65万円 : 給与所得控除

 

余談

住民税は1月1日に住んでいる自治体から、前年の1月1日から12月31日までの一年間の所得に対して、課税されます。なので、1月2日に神戸市から大阪市に移った場合は、神戸市の自治体に支払わなくてはなりません。