Now is better than never

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無糖の日々

時間が経てば甘くなる, The just desserts is also desserts.

雑記 の検索結果:

雑記

仕事を楽しそうにしておられる人の意見を聞くとその時はなるほど、そういう視点もあるのかと考えさせられますが、一人になって回想してみるとあれっと思うことがあります。一方で、上記の反対の意見を聞いた時にはそうかぁと思うけれど、回想するとそうかもしれないと一人納得してしまいます。でもこれは働いている立場の違いがあり、自分が存在しているのが後者であるからそう納得してしまいがちなのかと推測します。経営者の方は従業員の方に比べて抱えるリスクが大きい分、得られる部分の変動が大きい。そこに楽し…

雑記

入門 犯罪心理学 (ちくま新書) を読みました。 本題でも書かれていますが「認知」について知りたかったので… 得たものは二つ。 ① 犯罪解析手法の移行 ② 思考制御のリバウンド効果 ①についてはフロイトの唱えた理論が思弁的で統計データから多くが否定されている事実(過去の遺物)。そこで現時点で解析に使われているのは保険数理的アセスメントツールである。 ex ペーパードライバーよりもベテランの方が保険料が安い(保険会社のデータより) このアセスツールはさらに当人の周りの友人関係や…

雑記

27日目 二冊目の「少女地獄」著 夢野久作 が読み終わり区切りがいいのでまとめます。 テーマ: 一ヵ月速読音読を続ける 効果 ・文章を読んだときに単位時間当たりの視読の力(理解力)が高まる。 ・話の話題を広げられる(頭が回る) ※あくまでもプラセボ ・ただ読むよりも記憶に残る ※受け身の物ではないため 今回のテーマを通して得たのは三点あります。 1:いかに狭い視野で物事を捉えていたかを改めて感じた 2:音読しながらでも筆者の気持ちを考えつつ読むことで普段の生活でもその速さを活…

雑記

16日目 15分で5日ほど試しましたが、スピード的に遅いのと能率部分を含め 変更前:15分→変更後:30分 で再度やっていきたいと思います。(現時点P88) ようやく白鷹先生の奥さんがした伝言によって虚言癖がはっきりしてきたがなぜそのような嘘をつくに至ったのかについてはまだ不明です。家庭環境の説明が凄惨さが物語っていたように姫草は一見的には可哀想な環境にあるもののその置かれた環境を使おうとはしませんでした。みじめだとか人に思われてでも実行する意思があればこの話のように虚言を吐…

雑記

…う予定です。 以前の雑記に載せていない目標も含めて実行しどういう結果を得られるかというのが主旨です。 姫草は過去において自分を形成する時に歪みがあったのではと思う。その歪みが原因で人間関係でも嘘を重ねてしまう。嘘を重ねるのは何としてでも信頼関係を繋いでおきたい(その他)という観念があったと考える。ただそれだけなら嘘を重ねる以外にも手段はあるはずではないか。例えば白鷹先生の話を一切しなくなるとか(これはこれで見破られるかもしれないが) 。信頼を築いていくと相互のやりとりにおいて…

雑記 

11日目 昨日の段階で「浮雲」P219が読み終わりましたので、今度は「少女地獄」著 夢野久作でやっていきたいと思います。 結果 現段階でまでの思惑 ・読むスピードは速くなっている →同時並行して「刑法入門」著 山口厚 を読んで(普通に)いましたが、集中できました ・常に具体例を考えつつ読むことが出来る点は良い ・効率は完全に悪いです。(読むことで何を得たいのかをはっきりすべき) 今後の注意していきたい点 ・単位時間あたりの視読の理解力 ・先の文の予測力 について見ていきたいと…

雑記

2日目 使われる漢字は大方決まっているので音読は早くなってきました。それにつけ、文字の流れを先読みしつつありその効能もあるのかもしれません。 文三さんが人削減で免職になりそれをどう伝えたらいいか考えあぐねている様子はひどく共感しました(笑) 次は2/13

雑記

一日目 思っていた以上に音読していても頭に内容が入ってきます。ただ読む際に「じゃア」とか「ニ三歩」等の読みづらい点はあります。今の所思うのは音読しながら強制的に頭の中で情景を想像させることが日常会話でも相手の話の核を捉えたり、次にどう話をもっていくかを予想する力は鍛えられるのではないかと思います。文三とお勢さんとのやりとりが面白いですね。

雑記

最近テーマが思いつかないので、 「1か月間1日30分早読み音読を続けた場合どのような効果が得られるか」をテーマにしてやってみたいと思います。使用題材の一冊目は二葉亭四迷の「浮雲」を使用して行いたいと思います。 予想効果 ①活舌がましになる? ②回転が速くなるのか? 浮雲は~P219なので終われば次の題材を見つけたいと思います。ただ所々カタカナが入っていて読みづらい&高校の時最初の数行で挫折して以来読んでいない。 随時書いていきたいと思います。

雑記 

普段から考えている勉強するとは何だろうかについて話すと、周りの方々には、そんなことを考えている余裕があるなら行動して結果を出すようにと言われます。普通はそう言うでしょう(これは別に普通じゃないから私が凄いみたいな馬鹿馬鹿しいことを思っているんではなくて、どうしてそうなのだろうかという単なる疑問から発しています)。考えることで本来やりたいことが出来なくなってしまう可能性(時間的にも、選択肢的にも)があるからだと思います。でも私が思っているのは自分なりに「勉強する」ということにつ…

雑記

考えても考えても分からない。それは考えているのではなくて悩んでいる証拠だ。悩んでいる限り課題は解決できない。だから考えることで前に足を踏み出す。それで分からないが分かるになれば良いが、それほど沼は浅くない。深い沼はなかなか前に進めない。むしろ引きずりこまれる感覚すらある。ここでいう沼は問題の事象ではなく、対人関係そのものだ。何かしらの結果を期待されている手前、浅い沼をクリアしたところで知れている。クリアできなければ、なぜクリアできなかったかを質される。「時間を使って考えました…

雑記

電通の過労死問題から一か月たった中で 「増補 経済学という教養」の中で稲葉先生は「モラリズム」の視野の狭さを指摘されていた。つまり、原理原則はルールとしてあるものの、個人はその原則から外れて行動できるというのが中身である。 モラリズムに従えば、行動主体の個人を問題とするし、責任はルールそのものではなく個人に帰するということだ。 モラリズムが強すぎると、原理原則のほうが問題だとする考え方が遠くなってしまうので問題である。

雑記

「やさしさ」過剰社会 著 榎本博明 を読んだ。 人や場合によってそれが「やさしい」と感じるのに違いがある。例えば、先生が生徒のためを思って厳しくする優しさが生徒にとっては優しさだとは思えず、自分の好きにさせてくれないと先生に対して嫌悪感を抱く。勿論、全てこうだとは毛頭いうつもりはないが、そういう例があるということだ。私自身は褒めるよりも厳しいほうが伸びる質だと自覚しているので、今は先生の優しさに共感することができる。本当の優しさは自他共に傷つけてしまうものではあるけれども、生…

雑記

ビジネス実務検定受けてきました。難易度は難しくはないと思いますが、社会人か大学生かでは大きく違うのかなと。 個人的に労働法が手ごわかったです。しかし、私的自治の原則と契約自由の原則をなぜか勘違いして間違えたのは痛い(契約自由?そんな都合のいい原則あったっけ?) 契約自由の原則:誰とどのような契約でかつどのような方法で契約するかは国家の干渉によらず、自由である 私的自治の原則:私人の法律関係における決定は個人の自由意志に基づくべきだ この二つの原則の関係は 私的自治 ⊃ 契約自…

雑記

売買契約の問題で疑問に思ったので、書きます。売買契約において代金支払いが必要な場合とそうでない場合です。 問1 中古物件の売買契約の成立後、売り主Aが買主Bに住宅を引き渡す前に、落雷によりAの帰責事由によらずに住宅が焼失した。このケースでAとBの間に危険負担に関しての特約がなければ、民法上、AはBに対して、住宅の代金の支払いを請求できる →〇 問2 建物の所有者が当該建物を売却する旨の売買契約を買主との間で締結したが、当該建物は、売買契約の締結前に、第三者の放火により焼失して…

雑記

…た所、興味深い内容の雑記を見かけた。それは「ダン・アリエリ」という学者が保育園の子供の引き取る親に対して、引き取りが遅ければ罰金を課すという実験を行ったそうだ。この実験の結果は遅れてやってくる親が増加したという。それはなぜかというと、罰金を払うという行為が遅れてやってくることによる罪悪感を軽減するためだという。言われてみればなるほどと思うが、気づきにくいことだと思う。 私はこの雑記を見て大学の奨学金問題について何か近いものを感じた。というのも、奨学金を貰って、遅滞すれば遅滞金…

雑記

高校生との政策提言についての話し合いの時に思ったことをまとめます。 今やっているのはアイデア出しの段階ですが、そこから学んだことは私にとって大きいことでした。二つに絞ると ①高校生のやる気について自分たちの介入できる点 です。 ※長文につき注意※

雑記 言葉に感謝するとは

以前、アメリカに留学している人にどうすれば外国語に親しくなれるか?ということを聞いてみた所、その返事は「言葉に感謝する」とのことだった。 感謝するのだからありがたいと思うわけだ。ある時、ある場所、ある場所である人と対話できるのは確かに当たり前ではない。その奇跡性に感謝する意味がある。その意味は自分の中で考えた結果として理解できる。感謝する部分に意味があるのではなく、その過程に意味がある。その一連の流れに対して感謝するということなのだろうか。

雑記

「知る」と「分かる」ことは違う。

雑記 

今日高校生と政策提言のアイデア出しを行いました。(自分はファシリテーターです)

雑記 Ⅰ

ふるさと納税、簡単寄付のサイト普及 自治体1100と契約(1/2ページ) - 産経ニュース ふるさと納税というとお金を自治体に送金することで地元の特産品が送られるもの。その費用対効果は大きく、その地元地域周辺の情報発信を活発に行うきっかけになったり、地域全体で盛り上げるといった士気を高める動きにも繋がったと総務省のデータが示している。↓ www.soumu.go.jp/main_content/000248910.pdf ただこの時問題なのはまだまだ発信の動きに伸びしろがある…

雑記

この時期になると花粉がとんでマスクが必須になる私。秋は空気が乾燥してきてただでさえ花粉症の辛さがあるのに手が乾燥したりいろいろ思うところアリですが、食べ物の欲求には勝てません。油の乗った秋刀魚やカマスといったお魚達。中華まんのおいしさと温まる一息はなんとも言えない気持ちになります。 来年の花粉は日本気象協会によると多いとのこと ↓ www.tenki.jp 空気が乾燥するため、喉にも気を付けていきたいですね。

雑記

「41歳からの哲学」読了 一通りは読んでみたものの、不完全消化である。恐らく筆者の考えを理解していないからなのだと思うが、読んでいると今自分がやっていることが無駄に見えてしまう。むしろこれは良い反応なのかもしれない。自分の中で無駄だと思い当たる節があるからだ。 この本を読んで哲学が面白いと初めて思った。以前デカルトの方法序説をさわってみたが、まるで理解できなかった。こちらでは難しい言葉が極力平易に抑えられており読みやすい。 私は41歳まで生きているだろうか。 41歳からの哲学

雑記

自由を他人に主張することによって自由でなくなるという。それについて考えてみる。 「自由」は自分がしたいことをすることだと仮定する。その「自由」は自分の中で判断 するものであり、他人に求めることによって得られる「自由」というのは他人に判断されなきゃ得られない「自由」であるがために自由でない。つまり、ある人における「自由」というのはその人の考える内心にあるのだと思う。

雑記

仕事について考えてみます。もちろん、物理の力×距離ではなくて、職としての仕事です。 仕事をするのはなぜかというと賃金を得て生活するためです(たぶん)。仕事をしなくても生きていけるのは働かなくても得られる環境にあるということ。生活できなければ生きていけない。じゃあ、なんで生きていなければならないのかというと死ぬのが怖いとか、自分だけでなく周りの皆に迷惑がかかるとかあると思います。これらがある程度抑止力?となって自殺も抑えられているはずです。以上を踏まえると 働く = 賃金を得る…

雑記

個性について考えてみる 普通、個性というと人それぞれが持つものだから気取ってるのを除いて「個性的になれ」という言葉には疑問に思う。そもそもわざとらしく自己顕示することは個性的とは逆の意味のように思える。 個性を尊重しよう と言われる所以は何だろう。個人的な意見としては個性を尊重することで多種多様な考え方に触れられる。尊重しなくても考え方に触れられるわけだが、予習後の授業の理解度が違うように個性の理解度も違うように思う。 欧米ではチームワークを大切にすると同時に個性も大切にする…

雑記

来週から高校と連携して地域活性化について活動を開始することとなりました。そこで改めて地域活性化とは何だろうかと考えを馳せるわけです。(身近な問題から) そもそもなぜ自分が考えなければならないのか。行動するにはまずなぜということを決めておくことが必要です。私はみんなが暮らしやすいというのは建前ですが、自分のやってみたいことがしやすい地域にしたいと思っています。それはどんなものかというと例えば犬を飼っているけど近くに一緒に遊べる場がない。だからドッグランを作ろうだと単なる机上の空…

雑記

ある講演を聞いていてふと思ったことがある。人から意見を聞くことについてである。 人の意見を聞くということは自分の見方を広めたり、ほとんどが同じだとしても参考になったり、人の理解として様々な形で消化できるものだと思う。一方で、人の意見を聞かないというのも選択肢の一つだと考える。それは分かっていることであったり、時間を費やすのには勿体無いないようだったり理由付けができる。 で、本旨に戻り、聞いたときの対応を考えてみる。どのような対応になるだろうか。聞いても分からない、面白い、考え…

雑記 

英文を読んでいると、日本文との違いに今更ながら気づくことがある。 一つ目は文の長さである。 日本語の場合、句読点をつけ長々と書く文章ははっきり言って読みにくい。それにいつ結論が来るかわからない。一方で英語は主語、述語が近いので結論が先に来ており文章は長くなる。 英文と日本文では文の形式が異なるため、一文当たりの長さも違うのかなと私は思う。現に英語の論文を読んでいると、補助的説明が後にある。 二つ目は文が綺麗かどうか?についてである。 英語を勉強していたとき主語があまり大きくな…

雑記

韓国語の勉強、ドイツ語の勉強を始めました。ドイツ語は去年にそれなりにやった記憶があるので、復習すればなんとかなる気はするけれども韓国語は初めてです。韓国ドラマが急に見たくなったからというわけでもなく単なる興味です。目標はあくまでも字を読めばどういう内容が記されているかを理解することができる程度の力を欲しいなぁと思っています。ドイツ語は英語とスペルがほとんど同じだったが、今回は字体を覚える所からという部分で大きく異なる。はてさてどうなることか。

雑記

ある本を再読して、ふと気になったことがあった。「選択肢と人の意図」との関連性である。例えば明日テストがあるとする。そのテスト勉強対策には教科書を重点的に勉強したり、問題集を片っ端からやっていったり方法は多様である。そんな方法から選択肢を選ぶわけだがそこには両方やるという選択肢も含めている。それで、それらの中で求められているのは効率だ。また、先生が問題集を重点的にと言ったら問題集をやることのほうが重要度が高くなる。そうして選択肢は決める要素から判断し、狭め、決められる。 選ぶと…

雑記

天気が不安定でまあ、嫌ですな 高知をいろいろめぐってきました。 朝方は雨がかなり降っていたので流量は多かったです。九時には夏並のお天気になり霧が見えました。 轟の滝は百選に選ばれる滝で上記と同じ理由で足場も危ない(;´д`) 今はこうやって観光ができるけど、どうなんでしょう。(思考停止)そこに行く道が不便なことはちょっと問題ですね。聞いた話ではアンパンマンミュージアムの隣りのホテルを改装するとのこと。市の動きが具体化してきました。これがひとつの地域貢献の糧になればいいなと個人…

<